あえて、壊すことで機能させる!

自分で作った卓上の薪ストーブでお湯などを沸かしているのだが、
どうもレンジの換気扇があまり煙を吸い込まないことに気が付いた。

よく考えてみると、数年前にレンジの換気扇が壊れたいたことを忘れていたのだ。

その時は、お湯を沸かす以外にほとんどガスレンジを使うことがないので、別に直す必要はないと思ったのだ。

そして、そのことを完全に忘れていた。

夏の間は、窓を開けていたせいもあり、換気扇の吸い込みが悪くても、あまり気に留めていなかった。

ところが、寒くなり、窓を閉め切りながら薪ストーブを燃すと、部屋の中が煙でいっぱいになってしまう。

よく観察してみると、ほとんど、換気扇は煙を吸い込んでいない。

換気扇のフードをはずして、中を見ながら換気扇を回してみると、換気扇の煙を出す窓が開かない。

だから、換気扇が回っても、煙が外に出て行かなかったのだ。

あまり修理に時間をかけたくなかったので、開閉窓の軸をはずし、閉まらない状態にした。

これなら、煙もよく吐き出してくれるはず。

換気扇をはずして、修理することが一番いいのだが、それが現状でできなければ、あえて壊してしまうこともまた、問題解決の方法のひとつだ!

世の中には、すぐには解決しない問題がたくさんある。

そんなときには、まったく反対の方法で問題を回避することができることもある。

その場その場の状況に応じて対処することも、時には大事なことだと考える。

心の問題にも、同様なことが当てはまることがある。

悪いところを治すことにとらわれ過ぎると、問題を回避できないことがある。

たとえ100%の改善ではないとしても、より良い方向に向かうものであれば、あえて常識にとらわれずに対処することもまた、重要なのではないだろうか。

100%改善しなくても、より生活しやすい状態を作りだすことも、僕のカウンセリングでは重要なことだと考えている。

常識を超えた発想で、悩みと問題を解決します。

質問・相談・カウンセリングは ↓↓↓↓↓↓
http://imagine999.com/?page_id=27

カテゴリー: 心と体のコラム パーマリンク