エジソン流、問題解決の秘訣

最近、エドウィン・バーンズ(エジソンの共同事業者といわれている人)のことを調べるために、エジソンについても調べだした。

そのエジソンの自伝の中で見つけた言葉が、エジソン流の問題解決の手法を現している。
わたししは、必要以上に長く、一つのことばかり考えない。興味がなくなると、何か他のことに移る(エジソンは、こう説明した)。6つや8つの問題を同時にもっていて、好きなときに、あることから他へ移って考える。あることを研究していて、わからなくなることがよくあるが、それはひとまず置いて、別の問題に変わるのである。良い考えか浮かんだら、他のことは中止して、もとに戻ってやり遂げることか大切である。

エジソンはアスペルガーや自閉症の要素を持っていたといわれている。

また、小さいころには、注意欠陥多動性障害の要素もあったようだ。

そのため小学校に通うこともできなかった。

エジソンはいろいろなことに興味を持ち、なんでも試したいという衝動を抑えることができない少年だった。

だがそれは、注意が散漫していたわけではなく、注意が移動するということだ。

その違いはというと・・・・

たとえば、レンズと光の関係であらわすと、

「注意の散漫」とは、焦点が定まらず、ぼやけた状態だ。

そして、「注意が移動する」とは、焦点はしっかりあっているが、その焦点がいろいろなところに移動してしまうということだ。

エジソンの場合、しっかり焦点が合い集中することができた。

だが、その集中がいろいろなことに移ってしまう。

ちょうどレーザー光線をすばやく動かしているようだ。

自閉症やアスペルガーの要素を持つ人の特徴として、「過集中」というものがある。

これは、いったん一点に注意が集中すると、周りが見えなくなる。

時間的・強度的に、過剰な集中に陥る。

エジソンの場合、実験と発明に過集中したわけだ。

そして、いろいろな問題に興味があり、
その分散する集中を制御するために、上でエジソンが言うような方法にたどり着いたのだろう。

エジソンは自分の持つ、自閉症やアスペルガーの特徴をうまく発明に利用していたわけだ。

だが、エジソンはそのことには、気づいていなかっただろう。

エジソンは偶然に、その方法にたどりついたのだ。

それは、ある意味では、とても幸運なことたっだのだろう。

私も、ここ1年の間、いろいろなことをやり始めた。

エジソンと同じように、いくつか(10くらい)のことを同時に進める。

これを意図的にやっている。

そして、一つ一つの事柄について、たとえ短い時間でも集中するようにしている。

だが、その中で、面白いことに気が付いた。

意識の上では1つのことに集中しているのだが、どうやら他の事は潜在意識の中でちゃんと考えているようなのだ。

そして、不意に無意識の中の問題が解決してしまう。

要するに、意識の上にぽっかりと解決策が浮かんでくるわけだ。

そうすると、今度はその浮かんできた解決策に集中を切り替える。

たぶん、エジソンも同じような思考のプロセスを経験していたのだと思う。

だが、この方法は、誰にでも使える方法とはいえない。

多くの人の場合、ひとつのことをやり続けることで大きな成果が上がる。

だから、一般的には「ひとつのことに集中しなさい」ということをいわれるのだろう。

確かに、これは正しい。

だが、それは一般的な場合に当てはまるに過ぎない。

自閉症やアスペルガーの傾向のある人には、エジソン流のやり方で能力を発揮する場合がある。

ただ、エジソンの場合もそうなのだが、大きな方向としては、「発明・実験」というひとつのことに集中していた。

もし、「発明・実験」というひとつの焦点がなければ、エジソンはただの「気まぐれもの」で終わっただろう。

エジソンはこの「発明・実験」という焦点を少年時代に偶然見つけた。

これは、「方向性」といったほうがいいのかも知れない。

「自然と実験」という本に「出会う」ことで・・・・

エジソンは、自分の欠点(自閉症やアスペルガーの傾向)を利用した人なのだ。

欠点を利点に変えてしまった人だ。

偶然に・・・・

だが、偶然に頼る必要は全然ない。

エジソンのように、欠点を利点に、意図的に変えることはできる。

さらにいえば、大きな欠点ほど、大きな利点になりうる。

そして、特に、自閉症やアスペルガーおよび、その傾向を持つ人は、その特性のなかに大きな可能性を秘めている。

才能ともいえるのだろう。

だが、石の中に埋まったダイヤは輝きを発しない。

同じように才能も、ただあるだけでは輝かない。

見つけ、
掘り出し、
磨くことで、
才能は輝くのだろう。

常識を超えた発想で、悩みと問題を解決します。

質問・相談・カウンセリングは ↓↓↓↓↓↓
http://imagine999.com/?page_id=27
ワークショップ箱庭 ↓↓↓↓↓↓
http://imagine999.com/?page_id=2233

カテゴリー: 心と体のコラム パーマリンク