着物で額装、星野てつろうの絵!

てつろうの新しい絵は多摩市と町だの境にある「小野路」の風景。

喫茶店のマスターに頼まれて描いているシリーズです。

ちょっと日本絵風なので、着物の生地を使って額装してみました。

かかったコストはゼロ円です!

この発想は、個展で裏打して掛け軸を作ったことがきっかけです。

さらに、掛け軸を作るきっかけを作ってくれたのが、
「星野てつろうと心の癒し展」の書です。

この書を書いてもらってなかったら、こうした発想は生まれてないです。

過去の出来事は、すべて未来の素材なのだと実感します。

無駄だと思ったことが、実は大事なことだったりするわけです。

過去、現在、未来。

みんなみんな、つながっているんですね。

そして、人と人ともつながっているんですね。

質問・相談・カウンセリング&コーチングは ↓↓↓↓↓↓
http://imagine999.com/?page_id=27

ワークショップ箱庭 ↓↓↓↓↓↓
http://imagine999.com/?page_id=3743

カテゴリー: アート パーマリンク