統合失調症(旧精神分裂病)は間違えられやすい

私の妻は統合失調症でした。

そして、私は依然、多摩市の精神障害者家族会の副会長をしていたことがあります。

ですから、統合失調症(旧精神分裂病)は私の精神の分野におけるメインテーマの一つです。

ですから、古いものでは100年以上前の文献を調べたりもします。

さらに、精神医学だけでなく、脳科学、文化・人類額、進化・遺伝学、分子細胞学などの広い分野からの情報を集め調査を続けております。

そして、統合失調症と診断された人たちが、より良い人生を歩むことが出来るようにと考えています。

それは、必ずしも、病気が治るということだけではないように思うのです。

そして、統合失調症の診断はとても難しく、多くの場合、他の病気や障害と間違われているのではないかと思われるデータが多く出てきました。

数年前、私が家族会の副会長だったころ、大きく取り上げられ始めたのが「アスペルガー」です。

アスペルガーとは、アスペルガー症候群という自閉症スペクトルの一つです。

自閉症は、発達障害(発達に伴う障害)の一つで、その中にアスペルガー症候群が含まれます。

アスペルガーを一言で簡単に説明すると、「こだわりが強く」「周りの空気が読めない」といえます。

でも、実際はそれほど単純なことではありません。

統合失調症のうちで、薬に反応しないものを、難治性ということがあります。

治りにくいということです。

それらの人たちは、実は統合失調症ではなく、アスペルガーだったのではないかという考えが出てきたわけです。

統合失調症とアスペルガーでは、まったく対処の仕方が違うわけですから、良くなるはずもないわけです。

さらに、アスペルガー以外にも統合失調症と間違えられるものが、いくつかわかってきました。

その一つは、解離性障害です。

解離性障害と言っても、たくさんの種類があります。

よくドラマとかで出てくる極端な症状としては、多重人格があります。

多重人格は正式には、解離性同一性障害と言われるものです。

自分の中に、いくつもの人格が存在し、その人格が頻繁に入れ替わるものです。

昔で言えば、キツネつきや、憑依現象と言ったオカルト的なものも、この解離性同一障害だった可能性が高いです。

「統合失調症は病気ではない」という、お寺の住職の書いた本があります。

そこで、取り上げられている症状の多くは、憑依現象であり、解離性同一障害だと考えます。

解離性同一障害については、多くの精神科医は取り上げることがほとんどありません。

その理由の一つは、薬では治らないからです。

解離性同一障害に対しては特別な対応の仕方があります。

さらに、間違えられやすいのが人格障害といわれるものです。

特に、境界性人格障害(ボーダーライン)については、統合失調症の急性期(症状の激しい時期)と極めて似た症状を示すことがあります。

これは、人格的な要因から生じる病気であり、その人の育った環境や経緯・経験などによるところが大きいものです。

これにも、統合失調症とは違った、対応の仕方が必要です。

また、極度のトラウマが引き金になって生じることもあります。

本来は一時的で短期間の症状で、十分な時間と対応を間違えなければ、収まるものです。
ただし、その時期に強い薬を大量にそして長期に服用することで、脳の組成が変化し、元に戻らなくなることがあります。

非可逆性というのですが、そうなると、本来なら正常に戻るはずのものが固定化され、維持され続けるということになります。

それが、ある種の統合失調症となる恐れがあるということです。

ここにあげたように、さまざまな病気や状況が統合失調症と同じような状態を作り出すということです。

ですから、診察室での簡単で短時間の問診では十分に診断できるものではないと考えます。

そして、初期の段階での対応がとても大事だということです。

断っておきますが、私は医者ではありません。

ですから、参考にしてくださいということです。

ただ、私には多くの統合失調症と診断された友人がおり、その友人たちには、素晴らしい人生をおくって欲しいと、強く感じております。

そして、私の妻もその一人であるということです。

そのために、何ができるか、

そのために、何をしらべるか。

いつも考え続け、たぶん一生考え続けると思います。

そして、それらの病気において一番大事なのは、家族の関わりです。

朝一番の笑顔をあなたに・・・!
メルマガ「なおりんの、笑顔でおはよう」の登録こちら
http://imagine999.com/acmailer3/form.cgi

星野てつろうのスターフィールド(アート・ギャラリー)
top-teturo-top2

質問・相談・カウンセリング&コーチングはこちらまで、
http://imagine999.com/?page_id=27

カテゴリー: 心と体のコラム パーマリンク