「電話番号が消える日」を読んで

今週、Facebookのお友達から
「電話番号が消える日…スマホ無料アプリで変わる「通話」」
と言う産経新聞 5月28日(月)7時55分配信の記事を教えて頂きました。

詳しくは記事をご覧ください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
電話番号が消える日…スマホ無料アプリで変わる「通話」

その記事を要約すると、スマホの無料アプリを使って「通話」が無料で行われているという紹介です。

電話回線を使わずにインターネットを使ってスマホ同士が無料通話ができるわけです。

そして、2010年07月19日(月) に「電話が無くなる日!」と言うブログを書いていたことに気がつきました^^

「電話が無くなる日!」

出だし部分はこうです。
=========================
もう一年くらいから知り合いにはお話してるんですが・・・・
あと数年で電話が無くなってしまう日が来ると思います。
もしかすると、もっと早いかも・・・・
=========================

自分では大した予測をしたとは思っていませんが・・・・

どうしてわかったかといいますと

ドラッカーによれば「すでにおきている、未来」をただ見ただけなのです^^

同じようなことは、たくさんわかっています。

植物はいきなり花を咲かせることはありません。

必ず、種があります。

その種がどんな種なのかがわかれば、
どんな花が咲くのかもわかります。

リンゴの種が落ち、目を出せば、
いずれリンゴが実るでしょう。

未来はそんなものです^^

その種に気がつくか気がつかないかの違いなんですね^^

そして、それらの種はすでにたくさん蒔かれていて、
なかにはもう芽をだしているものもあります。

たくさんあります。

でも、芽のうちに話してもなかなか信じてもらえないですよね^^

たくさんある中で、一つだけ上げると・・・・

Paypalを私は注目しています。
銀行、クレジットカードが大きく変わるでしょう^^;

知りたい方は、直接私に聞いてみてください^^
もしかすると、お話できるかも知れませんね^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー: 社会とテクノロジーのコラム パーマリンク